森陶器

石が積み重なった小高い山。これが「森陶器」の登り窯です。
通常の登り窯は山の斜面に作られますが、「森陶器」の登り窯は平地に土を盛って築きあげています。このように大きな規模のものは全国でも珍しいとのことですから、ぜひ登ってみましょう。

森陶器

店内には、茶碗、皿、湯飲み、コーヒーカップなど、圧倒的な数の焼き物が並んでいます。普段使いできる器はもちろん、結婚祝いや新築祝いにぴったりのものもありますのでお気に入りを探してみましょう。

森陶器

迷惑にならないよう注意すれば、工房内を見学しても大丈夫とのこと。工房の中では、型、ロクロなどの作業をしている様子を見ることができます。

大谷焼きは日本でも珍しい大型陶器を機械を使わず作る技法が残っています。土をひも状にして積み上げていき、足で「蹴りロクロ」を蹴りながら成型します。自 分の足で届かないくらい大きくなったら、床に寝転んで足で「寝ロクロ」を蹴る人、上で粘土を成型する人の二人組になって作業を行います。こちらの窯元で は、今でもこの方法で大甕を制作しているそうですから、運が良ければ「寝ロクロ」の様子を見学もできるかも。

お皿や湯飲みの絵付けをしたり、手びねりやロクロでの作陶体験もできます。体験については、あらかじめ予約をしましょう。

森陶器

登り窯の中も見学できます。登り窯に向かう小道をあがっていくと、水琴窟の音を体験できます。

大谷焼きの大甕を使って作られた水琴窟のしずくの音に耳を澄ますと、心が洗われるよう。ぜひ、丘を登って、水琴窟の音を聞いてみて。

森陶器

森陶器

森陶器

所在地:〒779-0302 鳴門市大麻町大谷字井利ノ肩24 google map >>
HP:http://55web.jp/ooasa/store/moritouki
OPENING HOURS:平日 8:30AM – 5PM 休日 9:30AM – 4:30PM


関連記事