福寿醤油

福寿醤油

「福寿」の筆文字が鮮やかな垂れ幕が目印。
敷地には、貫禄のある建物が並んでいます。

創業文政九年(1826年)。190年続く老舗「福寿醤油」は、天然醸造にこだわり、創業当時からの独自の製法を守り続けています。
「もろみ」の発酵には、一般的に4〜5ヶ月程度のところが多い中、1年以上の時間をかけています。じっくり時間をかける自然発酵が、醤油本来の香りと深みのある旨みを生み出しているのだとか。福寿醤油のお醤油は、徳島県内の料亭や仕出し屋などでよく使われているという。家庭用には、しょうゆドレッシングやすだち醤油なども用意されています。
醤油や味噌を丁寧に醸造する昔ながらの方法を見ることができますから、醸造って?伝統って?そんなひとつひとつを身をもって知れる、よい機会となりそうです。

福寿醤油

麹菌を作る部屋。麹が成長する過程などパネルを見ながら、丁寧に説明してくれます。

福寿醤油

昔ながらのタンクで1年間じっくりと醤油の醸造。フチまで登ってお醤油を上から眺めてみよう。

福寿醤油

お醤油の味見もできる。定番の濃口、再仕込醤油、2年熟成醤油など、違いを楽しみながら味わってみよう。

福寿醤油

所在地:〒779-0303 徳島県鳴門市大麻町池谷字大石8番地 google map >>
TEL:088-689-1008
FAX:088-689-1009
HP:http://www.fukujyu1826.com/
営業時間: 8:30〜17:00
定休日:日・祝日


関連記事