本家松浦酒造

撫養街道が栄えると共に、江戸時代後期に創業された酒蔵が本家松浦酒造場です。創業文化元年(1804年)。二代目松浦直蔵由住が酒造業を開始して以来、210年以上大麻町で酒造りをし続けているそう。

当時、交易や巡礼で街道沿いを行き交う人々がこの酒蔵で造る酒を飲んだのでしょう。そんな時代から、伝統を守り続けている酒蔵が残っていることは、私たちにとってもうれしいこと。お酒って、どんな風に作られているのだろう?そんな基本に立ち戻り、蔵を見学してみるのもいいですね。

最近では「鳴門鯛」という銘柄の日本酒がアメリカ、アジア、ヨーロッパなどにも輸出されているそう。地元でよく飲まれている「すだち酒」もこの蔵で造られています。蔵見学をしたり、試し飲みができる場も用意されているので一度訪れてみたいですね。

本家松浦酒造

国の登録有形文化財に登録されている精米蔵。
漆喰で形作られた「銘酒 鳴門鯛」の字が見事。

本家松浦酒造

見学コースでは、いくつかの蔵を見て回ります。

本家松浦酒造

まるで冷蔵庫のようにヒンヤリした酒造蔵では、お酒が発酵している様子をのぞいてみることも。

本家松浦酒造

見学が終わったら、最後は利き酒体験。
大吟醸、純米酒、原酒などの違いを説明してもらってから飲むと、さて、どう違うの??

本家松浦酒造場

所在地:〒779-0303 徳島県鳴門市大麻町池谷字柳の本19番地 google map >>
TEL:088-689-1110
FAX:088-689-1109
公式HP:http://narutotai.jp
ショップHP:http://www.narutotai-sake.jp/
営業時間: 9:00〜17:00
定休日:土・日・祝日


関連記事