「第九ピザ」市内3店舗で提供開始

以前、このページでも試食会の様子をご案内していた大麻町女性部考案の「大麻町の特産品をいかしたピザ」が『第九ピザ』として2月7日から市内3店舗にお目見えしました。
「第九ピザ」の特徴は、鳴門鯛で有名な「本家松浦酒造場の酒粕」と「福寿醤油のひしお」という大麻町の歴史ある二つの蔵の産品を利用していること。

「第九ピザ」は以下の3店舗でご賞味いただけます。
是非お誘い合わせの上、3店舗それぞれのピザを食べくらべてみてくださいね。

♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-
【PIZZERIA Fumi】
◆ピザの特徴やセールスポイントなど
第九にちなんでトッピングを9種類にし、ナポリピッツァらしくシンプルに仕上げました。
高温の石窯で焼き上げるため薄めの生地となっております。
◆価格 1,480円(税込)
◆その他 一日限定5食まで
◆住所 鳴門市大津町 吉永字西新17-11
◆TEL 050-1435-1620
◆営業時間 ランチ 11:00~15:00(L.O.15:00) ディナー 17:00~21:00(L.O.21:00)
◆定休日 月曜日

♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-
【cafe Bubo cioccolata】
◆ピザの特徴やセールスポイントなど
酒粕、ひしお、れんこんの他にドイツにちなんでソーセージをふんだんに使っています。
ソースにはバジルとひしおを使っており、洋風に仕上げました。
視覚でも楽しんでもらおうと音符型にカットした焼き海苔をトッピングしています。
◆価格 1,300円(税込)
◆その他 鳴門店のみの提供です。2nd HOUSE(川内町)では提供しておりません。
◆住所 鳴門市撫養町南浜字浜田59-8
◆TEL 088-685-5523
◆営業時間ランチ 11:00~22:00(L.O.21:00)
◆定休日 年中無休(年末年始は除く)

♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-
【THE NARUTO BASE】
◆ピザの特徴やセールスポイントなど
「酒粕」を活かした少し薄めのふっくらとした生地に、「ひしほクリームチーズ」や「れんこん」をトッピングした、マルゲリータ風のピザです。トマトソースの隠し味には地元の「しいたけ」を入れるなど、大麻地域のおいしいものが一口で味わえるピザです。
◆価格 1,080円(税込)
◆その他
ピザメニューはディナータイム(17:00~22:00 ラストオーダー)にご提供
◆住所 鳴門市撫養町黒崎松島125
◆TEL 088-602-8882
◆定休日 不定休
◆営業時間 ランチ 11:00~15:00 カフェ 15:00~17:00 ディナー 17:00~23:00(最終入店 22:00)

♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-♪-☆-


関連記事